あかのおうじさまとあおのおひめさま

夜話の公爵のおとぎ話、そのひとつ

ABOUT

このサイトについて
こちらのサイトでは、個人製作のオリジナルボイスドラマを公開しております。
何卒ご了承の上、ご覧くださいませ。

Information

更新履歴

2020/10/13 音源公開・企画完成
2020/07/29 サイト仮公開


INTRODUCTION


昔々、ある所に、一つの大陸がありました。
さして大きくもないその大陸の中には、三つの国がありました。
一番強くて大きいのが、赤の国。
その赤の国に半ば呑まれるようにして小さな黄の国と、これまた小さな青の国がありました。
赤の国は、大陸の三分の二を支配してもなお、その領土を広げようとするので、
国境の辺りでは良く戦争が起こるのでした。
赤の国が恐れられているのは、単に大きいからだけではありません。
赤の国には、とても戦いの強い、恐ろしい王子さまが居たのです。
その王子さまは戦がとても強くて、並みの兵士では、どれだけ束になっても敵いませんでした。
その王子さまは、赤い髪を他人の血でさらに赤く染めながら、狂ったように笑うのだと、
他国のものだけでなく、赤の国の住人すらも恐れ怯えるのでした。

だけど誰も、本当のことは知りません。

戦場でその王子さまに出会ったものは生きて帰れないと言い、
戦場以外で王子さまは人前に姿を現さないと言い、
誰もが風の噂で怯えるだけなのでした。


だから誰も、王子さまのほんとうの事は知りませんでした。


KEYWORD

赤の国
大陸で一番大きく強い国。
国民はほとんどが赤を基調とした髪色をしている。
王族は特に透き通るような赤色。
王、王妃が相次いで亡くなり、現在国を治めているのは先王第一子エルヴィーナ=イヴ=ローゼス。
赤の国の貴族にとってミドルネームは親族や大切な人だけに呼ぶことが許される“親愛なる名”である。

青の国
領土が小さく、国力も弱い国。
国民はほとんどが青を基調とした髪色をしている。
王族は特に青空を映したような青色。
比較的平和主義者が多く、他国との和平を結ぶことに尽力している。

黄の国
領土は小さいものの、資源が豊富で交易などで栄える国。
王族はきらめくような黄の髪をしており、国民は黄を基調とした髪色をしているが、
移民なども多いため、人々の髪の色は雑多。
基本的に領土拡充のための戦争はしないが、自国の資源を守るための軍隊は赤の国と拮抗できるほど強い。

CHARACTER

バルベリト・アベル・ローゼス

赤の国、先王の第二子。エルヴィーナとは母親が違い、庶民の出の母親を持つ。
暗い赤色の髪の青年。
王子とは名ばかりで、戦場に立つことを好む。
戦場では苛烈な性格が表に出ているが、
平時は無気力無関心で投げやりな面が目立つ。
 サンプルボイス


CV:樹 透音

フィオナ・ブリュレイ

青の国の第一王女。兄と弟が一人ずつ居る。
明るい青色の髪を持つ。
明るく前向きな性格でたまにやや強引。
青の国は小さく、協力を旨とする家訓を持っているため、
一通りの家事や農作業は元気に出来る。
 サンプルボイス

CV:綾瀬きのこ

エルヴィーナ・イヴ・ローゼス

赤の国、先王の第一子。先の王と王妃の娘であり、燃えるような赤色の髪を持つ。
赤の国は代々男子が王を継いでいたが、姉であるエルヴィーナの母親の主張により、エルヴィーナが王位を継いだ。
その統治は隙が無く、国民からも支持を得ているが、やや戦を多く行う傾向がある。
穏やかで、威厳があり、優しい物腰ではあるが……。
 サンプルボイス

CV:悠月美鈴

語り手
物語を語る者。物語を読み聞かせる者。その声は優しく、穏やかである。
 サンプルボイス

CV:宮司道章造

DRAMA

プロローグ 「あかのおうじさまのうわさ」
 DL

第一話 「およめさん」
 DL

第二話 「ごめんなさい」
 前半DL
 後半DL

幕間 「あおのおひめさま」
 DL

第四話 「ことわる」
 前半DL
 後半DL

第五話 「しんあいなるなまえ」
 DL

エピローグ 「そしてたくさんのうわさ」
 DL


当サイトへのリンク情報

作品名: あかのおうじさまとあおのおひめさま
制作: 墨染一夜
URL: http://night-all.com/yawa/red/index.html

Thanks Link

イラスト:藤吉優歩 様

バルベリト役:樹 透音 様
フィオナ役:綾瀬きのこ 様
エルヴィーナ役:悠月美鈴 様
語り手役:宮司道章造 様

台本・編集:墨染一夜 


*****

BGM・SE:音楽の卵 様 / DOVA-SYNDROME 様 / 効果音ラボ 様 / 無料効果音で遊ぼう! 様 / On-Jin ~音人~ 様
テンプレート:flower&clover 様


⍙(Top)